読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

history log 記録 2017/03

2017/03/11

-『龍の歯医者』エピソード1,2 舞城王太郎, 鶴巻和哉, カラー

ジブリっぽさガイナっぽさてんこ盛りでさすがカラーという感じ。

『トップ2』1話を数百回は見ている鶴巻ファンとしても堪らない作品。

映像表現も多彩で挑戦的。そこは「日本アニメ(ーター)見本市」の延長線上ということでしょう。

また、最近世間の情報を仕入れてないのでよく知らないのだが、世間で話題になってたらしいという清水富美加さんの声優としての仕事が非常に好みだった。

バスターマシン7号的な。でも影もある。みたいな。

 

2017/03/10

-『リー・クアンユー物語:国家を創った男』鍋田吉郎

日本語で絶版になっている『The Singapore Story』に沿っている漫画。独立まで。独立後も同じトーンで読みたい。

 

2017/03/09

- 『「トランプ時代」の新世界秩序』三浦瑠璃 読了

 

2017/03/05

-『メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。』– 著者・高須 正和 189p - 395p 読了

リコー井内育生氏の分析的で日本カイシャ的タブーを気にしない、(というよりあえて意識して?) 語り口が心地よい。優等生の机上の空論ではなく、まず「作ってしまうこと」。実際的であることの大切さがよくわかる。身に染みる想い。

- 『リー・クアンユー、世界を語る』読了

Amazonのレビューに「認識の違いに驚く」というコメントがあったが、僕とリー・クワンユー氏との間に対極的な世界認識について驚くような認識の違いはなかった。Amazon等で一介の凡人が偉そうにリー氏のような歴史上の偉人に対して見当外れなレビューをしているのを目にすると、我が身に染みる。このような頭の悪いレビューを読んだ時に、「立派な机上の空論はごちゃごちゃ言ってるやつはほぼ正しくないので、まず実際にやって価値を出してみろ」というようなリー氏風な文言が脳裏にちらつき、明日は我が身だ気をつけようと思える。偉そうに見当外れなレビューをして満足している人間はその生涯でほとんど何も残すことなく、実際的に社会の役に立つ(多くの人々の幸福度を高めるなど)こともおそらくないだろう。

リー氏がムスリム社会について「科学的進歩をより取り入れるべき」「過激派の台頭を抑えるには穏健派が主体的に立ち上がるべき」などと述べ、シンプルにムスリム社会の本質、核を捉えていて面白かった。

ムスリム社会がムスリムというやり方で既に人間という「動物」にとって歴史上まれにみるほどに適合的な社会システムを作り上げているからこそ(最も洗練された前近代社会?)、前近代からすればいささかアクロバティックな西洋近代のテクノロジー文明のやり方とぶつかるのだけど、であるからこそ、西洋近代が原理的に取り除いているある種の寛大さを持つ「神様ファースト」なムスリム社会の「ゆるふわ」感が僕は好きだったりする。などと最近なんとなく考えていたので、リー氏がリー氏の視点から上記のように言っているのにははなはだ説得力を感じた。

その他、折に触れてシンガポールが単なるしょうもない独裁国家ではない理由がよくわかる。

 

- 『「トランプ時代」の新世界秩序』三浦瑠璃  1章2章

- その他 三浦瑠麗氏のブログをいくつか読む。(今年に入ってからテレビネットニュース等の一切の報道を見ないようにしていたこともあり、非常に面白い。あずまんとの対談(鼎談?)を見逃した事がつらい。)

トランプ大統領就任✔ - 山猫日記

日米首脳会談の総括 - 山猫日記,

石原慎太郎元都知事の会見を受けて - 山猫日記

lullymiura.hatenadiary.jp

上記で書いたようにムスリム世界と真正面から向き合っていたリー・クワンユー氏が「ムスリム過激派に対抗できるのは、ムスリム穏健派だ」と述べてるのに対して、三浦瑠麗氏が「そもそも、イスラム原理主義との闘いにおいて、協力関係を取り結べるような穏健な勢力は存在するのか。むしろ、協力関係を築く相手には、イスラム原理主義勢力と同程度に残酷な権威主義体制しかないのではないかということです。」との国際政治学者らしい皮肉な現状分析をしていて思わず笑ってしまった(「リアリスト」の現状分析がいつも皮肉なジョークに見えて笑えてしまうのは僕が楽観的すぎるからか)。このお二方のどちらの洞察がより正しいか(ムスリム過激派に対峙する主体をアメリカと想定して)は、僕には判断できない。

- 『おとなの1ページ心理学/6』ゆうきゆう, ソウ

- 『マンガで分かる心療内科/13』ゆうきゆう,ソウ

- 『響〜小説家になる方法〜/5』柳本光晴 


2017/03/04

- 『昭和元禄落語心中助六再び編 9話

感動。毎週本当に面白い。素晴らしい作品。